天皇賞春(大会対象レース)

天皇賞春(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

古馬長距離GIの幕開けを告げる天皇賞春の予想をしていきたいと思います。

まずは枠順をご覧ください。

■天皇賞春(GⅠ) 芝3200m
枠 馬番 馬名        騎手 斤量
1 1  マツリダゴッホ   横山典 58.0
1 2  ファストタテヤマ  武幸 58.0
2 3  ユメノシルシ    吉田豊 58.0
2 4  アドマイヤモナーク 村田 58.0
3 5  アドマイヤタイトル 四位 58.0
3 6  メイショウサムソン 石橋守 58.0
4 7  トウカイエリート  川田 58.0
4 8  アイポッパー    安藤勝 58.0
5 9  ウイングランツ   秋山 58.0
5 10 トウショウナイト  武士沢 58.0
6 11 マイソールサウンド 角田 58.0
6 12 トウカイトリック  池添 58.0
7 13 ダークメッセージ  佐藤哲 58.0
7 14 ネヴァブション   北村 58.0
8 15 デルタブルース   岩田 58.0
8 16 エリモエクスパイア 福永 58.0

【予想】
◎はトウカイトリック。
ここ2戦、3000mを越す距離のレースで共に上がり3Fトップタイムを記録。長距離で活きる末脚を備えていることは確かなので、上がり勝負になれば間違いなくこの馬でしょう。

○はアイポッパー。
前走の阪神大賞典は大接戦の中、勝ちきった勝負根性はまさしく成長の証。今まで勝ちきれなかったレース内容を勝てるようになった今、長距離レースでのこの馬を外すわけにはいきません。

▲はファストタテヤマ。
前走のハンブルクカップは1000m66秒という超スローペースの中、トップハンデで差し切った末脚は、お見事というほか無いでしょう。おそらくスローの上がり勝負ならGIでも引けを取らないでしょうから、一発に期待です。

△はダークメッセージ。
レコードホルダーなので、能力に疑いの余地はありませんが、展開が上がり勝負になればこの馬にとっては厳しいかもしれません。理想とすれば、残り1000m付近からペースが上がるレースで、そうなればこの馬にも勝機があると思いましたので、△にしました。


読み終わったら投票お願いします
ブログランキング競馬サーチ.com
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。