最強・最速の逃げ馬 ミホノブルボン

最強・最速の逃げ馬 ミホノブルボン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今回の主役は、以前に紹介したタップダンスシチーサイレンススズカをも凌ぐであろう
最強にして最速の逃げ馬、ミホノブルボンです。
名調教師として名を馳せた戸山調教師が残した
最高傑作と呼ばれているミホノブルボン。

彼の特徴は、調教が坂路のみで行われていたということ。
当然坂路は坂があるため疲労が溜まりやすく、
その影響でレースに出ると故障する確立も高くなります。
それでも頑なに坂路調教を続けた戸山調教師の
意地を感じられる一頭ではないでしょうか。

逃げ馬として今では有名ですが、
デビュー戦ではなんと追い込みで勝っているこの馬。
そのあたりからもレースセンスの高さ、
能力の高さを垣間見れることが出来ます。

そして今回紹介するのが、
そのデビュー以来5連勝して向かえた大一番、日本ダービー。
父馬のマグニテュードがマイラーだったので距離に対する
不安も囁かれながらも、1番人気に支持されレースへ向かいます。

しかし、ブルボンには全く問題ありませんでした。
スタート直後から1度も先頭を譲ることなく、
しかもゴールでは2着以下を遥か後ろに見てゴールしたのです。

競馬史上最強とも言われる逃げ馬、
ミホノブルボンの驚異的な走りをご覧ください!!

1992年5月31日 日本ダービー


1着 ミホノブルボン 2:27.8
2着 ライスシャワー 4馬身
3着 マヤノペトリュース ハナ



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。