世代最強から現役最強へ ナリタブライアン

世代最強から現役最強へ ナリタブライアン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

久々の動画・・・というか最近まで忘れてました。(笑)
優勝賞品でしたね、これ。(´д`;)ゝ
まぁ最近見に来た人にとっちゃ、何のことだか分からないと思いますが、詳しくはカテゴリの「予想大会関連」へドウゾ☆

ということで、今回紹介する動画はナリタブライアンが勝った有馬記念です!
皆さんご存知の日本競馬史上5頭目の3冠馬ナリタブライアン。

このレースでは、世代最強を証明してきたブライアンが古馬相手にどこまで通用するのかと言う意味でも非常に注目を集めたレースでした。

前走である3冠目の菊花賞は2着にコンマ1.1秒差、7馬身の圧勝だったため、そのインパクトも強いせいか有馬ではなんと3歳馬としては異例の単勝1.2倍。
この倍率はディープとブライアン以外ではいない、いわゆる「確勝クラス」の支持を集めていることになります。
しかもディープインパクトでさえ3歳時の単勝倍率は1.3倍だったということからもこの馬の凄さが分かってもらえると思います。

当然、有馬記念ですのでメンバーの内容も相当なもの。
・真のダークホース、ライスシャワー
・女傑、ヒシアマゾン
・GⅢ2勝のみながらGIを盛り上げた、アイルトンシンボリ
・後の天皇賞馬、サクラチトセオー
・その年の天皇賞馬、ネーハイシーザー
といったメンバーが集まりました。

そしていよいよレース。
絶好のスタートを切った白いシャドーロールの怪物は、鞍上の南井になだめられるように5番手に位置取りします。
稀代の逃げ馬、ツインターボがレースを引っ張る中、慌てずじっくり競馬をしていたブライアンは、ツインの脚が鈍ったと見るやいなや猛然とスパートを開始。

4角で早くも先頭に立ち、直線では並んでいた他馬を置き去りにするが如く、ギアを変えてあっという間に勝負をつけてしまいました。

3冠馬の名に相応しい圧勝劇をご覧ください!!

1994年12月25日 有馬記念


1着 ナリタブライアン 2:32.2
2着 ヒシアマゾン 3馬身
3着 ライスシャワー 2 1/2馬身


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。