根岸S(大会対象レース)

根岸S(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さていよいよG1戦の開幕が近づいてきましたが、その本格的なステップレース第1戦といっても過言ではない根岸Sが今週の予想大会の対象レースです!!
まずは枠順から。

根岸S(G3)
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手

1=1=リミットレスビッド=牡9=58.0=蛯名正義
1=2=エイシンロンバード=牡6=57.0=横山典弘
2=3=トウショウギア=牡8=56.0=吉田隼人
2=4=ワイルドワンダー=牡6=57.0=岩田康誠
3=5=トラストジュゲム=牡6=56.0=池添謙一
3=6=トーセンブライト=牡7=56.0=柴田善臣
4=7=マイネルスケルツィ=牡5=57.0=松岡正海
4=8=カフェオリンポス=牡7=58.0=勝浦正樹
5=9=シルヴァーゼット=牡7=56.0=御神本訓
5=10=ビッググラス=牡7=57.0=戸崎圭太
6=11=レオエンペラー=牡4=56.0=江田照男
6=12=ノボトゥルー=牡12=58.0=後藤浩輝
7=13=シンボリグラン=牡6=57.0=北村宏司
7=14=アドマイヤスバル=牡5=56.0=村田一誠
8=15=メイショウバトラー=牝8=55.0=武豊
8=16=タイセイアトム=牡5=57.0=吉田豊

◎はトーセンブライト。
前走の門松Sでは根岸Sにも出走してくるトラストジュゲムに敗れはしましたが、斤量差は3kgあったので、これは致し方ないと思います。
今回は前走より2kg軽くなった上に、斤量56kgはトラストジュゲムと同斤量。
不良馬場の東京競馬場だった武蔵野Sで3着に食い込むなど、ワイルドワンダーよりも後手を踏まなければ十分に勝機があるんじゃないでしょうか。

○はメイショウバトラー。
ダート界を長く引っ張っている牝馬ですが、57.5kgの斤量でも牡馬と五分のレースが出来るこの馬は外せません。
斤量55kgの今回はうまく先行できれば十分に粘りこみきれるんじゃないでしょうか。

▲はアドマイヤスバル。
今の勢いだけなので、このメンバー相手に通用するかは微妙ですが、ガーネットSのタイセイアトムのように勝ちきってしまうかもしれませんので、とりあえず買いですね。

△はワイルドワンダー。
実力・舞台ともに申し分ないですが、重馬場がそれほど得意ではなさそうなので、3着くらいかなぁと思ってます。
実際の馬券でも3着まででしか買いません。
正直言って抑えの印ですね。(^_^;)
これで来たら、フェブラリーはこの馬を馬単1着で買いますよw

ちなみにマイネルスケルツィは飛ぶと思いますので、馬券でも全て外す予定ですw
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。