ダイヤモンドS(大会対象レース)

ダイヤモンドS(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

春の天皇賞を狙う伏兵たちが勢ぞろい、伝統の長距離G3、ダイヤモンドSが今週の対象レースです。
ではまず枠順からどうぞ☆

ダイヤモンドS(G3)
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手

1=1=コンラッド=牡6=55.0=田中勝春
2=2=ブリットレーン=牡9=48.0=田面木博
3=3=ゴーウィズウィンド=牡9=51.0=北村宏司
3=4=トウカイワイルド=牡6=55.0=内田博幸
4=5=チェストウイング=牡7=53.0=田中博康
4=6=ミストラルクルーズ=牡5=53.0=横山典弘
5=7=ラムタラプリンス=牡7=51.0=丹内祐次
5=8=アドマイヤモナーク=牡7=57.5=安藤勝己
6=9=エーシンダードマン=牡4=53.0=松岡正海
6=10=ブラックアルタイル=セ6=55.0=吉田隼人
7=11=マンハッタンスカイ=牡4=53.0=柴田善臣
7=12=エフティイカロス=牡4=53.0=蛯名正義
8=13=レーザーズエッジ=牡6=50.0=大野拓弥
8=14=テイエムプリキュア=牝5=50.0=酒井学

◎はエーシンダードマン。
非常に迷いましたが父ダンスインザダーク、菊花賞4着という実績もありながら、斤量53kgは正直言って恵まれたと思いましたのでこの馬が本命です。
東京コースも過去に勝利していますし、データ的にも過去の勝ち鞍は全て広いコースの左回り。
マイナス材料が見当たりませんでした。

○はマンハッタンスカイ。
前走の迎春ステークスではこのレースにも出走してくるコンラッド・エフティイカロスの後塵を拝しましたが、両馬共に後ろ目から競馬をしての内容で、対するこの馬は常に先頭を走り、先行勢では唯一入着を果たしています。
内容だけで見れば一番強い競馬をしていたんじゃないでしょうか。
今回は展開さえ向けば、一発もあると思うので、この馬を対抗にします。

▲はアドマイヤモナーク。
実績的にはステイヤーズ3着、日経新春杯制覇とこの馬が1歩も2歩もリードしていますが、ハンデ57,5kgは2番目に重たい馬と2.5kgも差があるのはさすがに見過ごせませんでした。
他に印をつけようと思う馬がいなかったので単穴にしましたが、飛ぶ可能性も大いにあるんじゃないでしょうか。

△はテイエムプリキュア。
前走の頑張りに驚かされての印ですw
今回もその時と変わらない斤量50kgで、しかもメンバーは若干レベルダウンしたので、十分にチャンスはありそうです。

ちなみに、このレースではブラックアルタイルが僕の中では間違いなく飛ぶと思ってます。
父アドマイヤベガもブルードメアのスルーオゴールドも中距離馬で、アルタイル自身も2500mは勝っているもののおそらく2200mくらいがベストでしょう。
終いに切れ味のある馬でもないですし、捲ってはこれますが捲るとなれば相当スタミナがいるので、この舞台ではもたないのでは・・・と思ってます。

(15:04に予想完了です(・ω・))
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。