そろそろ書きますかね・・・

そろそろ書きますかね・・・ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いや~そろそろこのブログの危機が迫ってきてると巷で噂になってる(わけない)ので、約1ヶ月ぶりに予想大会以外の記事書きます☆が・・・ネタ無いや・・・(゚∀゚)

ということで無理やりにでもホスパ日記の記事に仕立て上げようと思ってましたが難しいので、ホスパについて僕の思っていることをツラツラと書いていきたいと思います!!

ホスパの強力なライバルにセガ社のスターホースという競馬ゲームがありますが、ゲーセンでは圧倒的にスターホースの方が人気があるようで、僕のホームであるラウンドワンでも「スタホ:ほぼ満席、ホスパ:閑古鳥が鳴いている」という状況はよく見かけます。
では、この人気の違いはいったいどこにあるのか・・・?と冷静になって客観的に考えたところ、いくつか思い当たることがありました☆
(これはあくまでも僕個人の意見ですので疑問があっても悪しからず)

①馬券システム
ホスパの馬券の種類は「単勝・複勝・馬連・馬単・ワイド」の5種類。
スタホは上記のホスパの5種類以外に「枠連・3連複・ライド・サイド」と9種類あります。
スタホ未経験者の方には意味の分からない馬券種類もいくつかあると思いますが、ここでは説明しませんよw(^_^;)

これだけスタホの方が種類が多いと、リアル競馬のファンはスタホを選んだ方がより馬券ゲームの面白さを感じれますし、特に3連複は高配当が多いので穴党の方も満足できる設定になっています。
対するホスパは、古くからの競馬ファンの方や初心者の方に受け入られやすい単純明快な馬券のみを扱っていますね。
これはまぁ、ただ単に遊びに来た人や、競馬を全く知らない人にとっては非常にとっつきやすいゲームではありますが・・・ハマる可能性の高い競馬ファンの期待に応えられるかという部分ではスタホに完敗です。(´・ω・`)ショボーン

僕もホスパのヘビープレーヤーですが、スタホを知らずに最初数ヶ月プレーした結果ですからね。。
最初にスタホをプレーしていたら、後にホスパしても面白く感じなかったかもしれません(´д`;)ゝ
今も時々スタホに浮気してますが、本質はホスパプレーヤーですのでお間違いなく!!w

②育成システム
これは物凄く簡単に書くと、
ホスパ:育成した分稼げる・賞金は少ない
スタホ:育成してもなかなか稼げない・賞金が高額
ですね♪

ホスパはパラメータという目に見える馬の強さがあり、ちゃんとそれを反映した結果が簡単に出ますが、スタホはいくら調教しても勝てない馬は勝てないですし、それこそG1を勝ちまくろうとするなら大量にメダルINが必要です。
そのかわり、ホスパは全国総合での1世代最高獲得枚数が17000枚がほぼ限度なのに対して、スタホではめちゃくちゃ強ければ1世代で65000枚稼ぐことも可能です。
しかも騎手の騎乗料カットも全く無いので、手元に入るメダルは65000枚丸々。
魅力を感じるのは皆さんならどちらでしょうか?w

ちなみに1レースの最高賞金は、
ホスパ:ドバイワールドカップの3000枚(-騎手の控除率分のメダル)
スタホ:スーパーWBCの5000枚丸々
です。


これだけ見るとスタホの宣伝みたいになってますねw
ですが、それでも僕がホスパを続ける理由は・・・フィギュア&ステーションの形にあります。

スタホになくてホスパにあるものの1つがフィギュアですね☆
幼い頃から競馬のメダルゲーをちょくちょく見ていた僕にとって、フィギュア有りが競馬ゲームなんです(^ω^)

で、もう1つの理由に挙げたステーションの形ですが・・・これで意味の分かる人はスタホとホスパの魅力の違いを分かっている方であると僕の中で勝手に判断しますw

スタホの座席のシートを見たことある方は分かると思いますが、完全に1人でゆっくりくつろぐことの出来るリクライニングシートです。
対するホスパは、ステ以外は店ごとに座席が変わる何とも店舗任せな設計。w

ですがこのショボいホスパ側のステに大きな魅力が1つ!!w
隣の人との交流がとりやすい!!(・ω・)
スタホの座席はくつろげるかわりに、プレーヤーに話しに行く時は一回歩いて近づいた方が喋りやすいような設計ですが、ホスパはステの15cm隣が別の人のステになりますからね☆
黙々とプレーするよりも互いに喋りながらプレーした方が楽しいですし、以前に僕が「ホスパに面白さを感じなくなった」と書いた記事もありましたが、その中で僕がホスパを続ける理由は「他のプレーヤーの方と会えるから」とも書きましたし♪
ましてホスパが無ければ、ラムセスさんの年代の方とも知り合いになることはほぼ100%無いことですからねw

かなり長くなりましたが、今回の記事で「ゲームの出来があるゲームより評価が低くても、それをプレーする人は少しでも何かに魅力を感じている」ということを知ってもらえるとありがたいです☆

というか後々見返してみると・・・何を書きたかったんだろう・・・僕は・・・w(´д`;)ゝ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。