弥生賞(大会対象レース)

弥生賞(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

混戦極める3歳クラシック戦線の中から一歩抜け出すのはいったいどの馬か!?
今週は弥生賞が対象レースです。
ではまず枠順からどうぞ。

弥生賞(G2)
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手

1=1=ミッキージェット=牡3=56.0=戸崎圭太
1=2=タケミカヅチ=牡3=56.0=柴田善臣
2=3=マイネルチャールズ=牡3=56.0=松岡正海
2=4=ライムライトシチー=牡3=56.0=吉田豊
3=5=シングンリターンズ=牡3=56.0=内田博幸
3=6=スズジュピター=牡3=56.0=後藤浩輝
4=7=フサイチアソート=牡3=56.0=横山典弘
4=8=テラノファントム=牡3=56.0=藤田伸二
5=9=ベンチャーナイン=牡3=56.0=武士沢友
5=10=ダイシンプラン=牡3=56.0=岩田康誠
6=11=ホッカイカンティ=牡3=56.0=石橋脩
6=12=アインラクス=牡3=56.0=福永祐一
7=13=ブラックシェル=牡3=56.0=武豊
7=14=ピエナエイム=牡3=56.0=田中勝春
8=15=キャプテントゥーレ=牡3=56.0=川田将雅
8=16=オリエンタルロック=牡3=56.0=蛯名正義

◎はキャプテントゥーレ。
デイリー杯で前々で競馬をして完勝、次走の朝日杯ではレッツゴーキリシマに交わされはしましたが通ったコース分の差といえるぐらいのわずかな差でした。
また、そのレースで4着だったドリームシグナルが後にシンザン記念を快勝していますが、その馬よりも常にこの馬は前で競馬していたのにもかかわらず上がり3Fは同タイムと自力の高さを証明しています。
休み明けなのが少し気がかりですが、今回もスムーズに先行策を取ることが出来れば好勝負すると思います。

○はブラックシェル。
前走は出遅れて、さらにかなり大外を走らされた影響で見せ場無く終わってしまいましたが、それでも上がり3Fはメンバー最速で、切れ味鋭い末脚を持っているのは明らか。
福寿草特別でもキングスエンブレムとファリダットの3強対決を制しているので素質を疑うことは無いですが、前走は武豊がテン乗りで大敗したため、少し評価を落として○にしました。

▲はフサイチアソート。
2戦2勝と底は見せていませんし、今回出走のスズジュピターに東京2歳Sで完勝しているものの、やはり長期休養明けと順調さを欠いているので▲まで。
本当なら敬遠したくなる1頭ですが、先週、抜群の騎乗で重賞制覇したノリが鞍上ということで印をつけました。

△はダイシンプラン。
岩田Jが今年一番能力を高く評価しているのがこの馬。
ここ2戦は冴えない競馬が続いていますが、デビュー戦で33秒台の末脚を使えるというのはやはり他の馬ではなかなか出来ない芸当ではないでしょうか。
今回はある程度人気も落ちると思うので、狙い目だと思います。


ちなみに今週の飛ぶ候補はアインラクス。
3戦2勝2着1回とパーフェクト連対ながら、持ち時計がこのクラスを走る馬にすれば遅すぎます。
しかも今回は間隔があいたものの1ヶ月ちょっとで新馬→未勝利→OPと3戦使っており、疲労もたまっていると思います。
また、同型にキャプテントゥーレがおり、僕の中での評価はアインラクスのほうが弱いと思ってますので、飛ぶんじゃないかと考えました。
まぁここに書く馬もそろそろ連に絡んできそうですねw


馬券的には◎から、○・△の馬連と○から▲・△の馬連。
◎と○軸の▲・△・チャールズの3連複でも買いましょうかね・・・。
っていける時間なさそうですがw
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。