皐月賞(大会対象レース)

皐月賞(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いよいよ大会も残り3週と佳境に入ってまいりました。
今週も混戦のクラシック戦線、皐月賞が大会対象レースです!!

ではまず枠順から。

皐月賞(G1) 芝2000m
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手
1=1=タケミカヅチ=牡3=57.0=柴田善臣
1=2=スマイルジャック=牡3=57.0=小牧太
2=3=フサイチアソート=牡3=57.0=横山典弘
2=4=スズジュピター=牡3=57.0=後藤浩輝
3=5=レインボーペガサス=牡3=57.0=安藤勝己
3=6=キャプテントゥーレ=牡3=57.0=川田将雅
4=7=オリエンタルロック=牡3=57.0=武幸四郎
4=8=ダンツウィニング=牡3=57.0=池添謙一
5=9=マイネルチャールズ=牡3=57.0=松岡正海
5=10=ブラックシェル=牡3=57.0=武豊
6=11=スマートファルコン=牡3=57.0=福永祐一
6=12=ベンチャーナイン=牡3=57.0=武士沢友
7=13=ドリームシグナル=牡3=57.0=吉田隼人
7=14=ノットアローン=牡3=57.0=藤岡佑介
7=15=サブジェクト=牡3=57.0=岩田康誠
8=16=レッツゴーキリシマ=牡3=57.0=幸英明
8=17=フローテーション=牡3=57.0=内田博幸
8=18=ショウナンアルバ=牡3=57.0=蛯名正義

◎はショウナンアルバ。
前走はあれだけ引っかかりながらも3着に粘りこみ、自力の高さではメンバーでもトップクラスでしょう。
昨年のヴィクトリーのようなムラっけのある感じがありますが、折り合いがつかなくてもうまく付けば十分に勝機はあると思います。

○はフサイチアソート。
弥生賞は惨敗しましたが、休み明けで久々だったのでそれほど重視しなくてもいいと思います。
また、鞍上の横山Jがフローテーションとの2択でこちらを選んだというのも心強いデータだと思います。
鞍上曰く「間違いなく能力のある馬」とおっしゃってたので、良い勝負はしてくれるんじゃないでしょうか。

▲はスズジュピター。
タニノギムレット×SSという血統はスマイルジャックと同じ血統なんですが、僕はこちらで。
弥生賞は6着でしたが1着馬とのタイム差は0.5秒とそれほど離されていませんし、休み明け2走目の変わり身に期待。
朝日杯は前に行った馬がそのままゴールに流れ込んだ展開だったので、5着という結果にも悲観的にならなくていいと思います。
逆に言えば近2走で人気が落ちているので狙い目ではないでしょうか。

△はベンチャーナイン。
7戦して6戦で出走メンバー最速の上がり3Fを記録しており、前崩れの展開になれば一気に突っ込んでくる可能性がありますので、単穴で。
展開さえ向けばレジネッタのような大番狂わせもありうる1頭だと考えています。
もしこの馬がくれば、前で競馬するショウナンアルバは沈んでいくことになるかもしれませんが(笑)


今回の飛ぶ馬候補はマイネルチャールズ。
実際のところは切る要素が全くないのですが、ラフィアンの長い歴史の中でクラシック制覇は1度もなし。
加えてここ10年の弥生賞勝ち馬が皐月賞を勝ったのはディープインパクトとアグネスタキオンという怪物と呼ばれた2頭のみ、というデータがありましたので、この馬を飛ぶ馬候補として挙げました。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。