ヴィクトリアマイル予想

ヴィクトリアマイル予想 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週は僕が京都チャリ旅に行ってたため、予想記事を載せることが出来ませんでしたが今週は書きますよ!
それにラムセスさんの印もつけていただかないといけませんしね・・・(笑)
ではまず枠順から。

ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手

1=1=テンイムホウ=牝6=55.0=柄崎将寿
1=2=ブルーメンブラット=牝5=55.0=後藤浩輝
2=3=ローブデコルテ=牝4=55.0=福永祐一
2=4=ジョリーダンス=牝7=55.0=安藤勝己
3=5=ピンクカメオ=牝4=55.0=内田博幸
3=6=エイジアンウインズ=牝4=55.0=藤田伸二
4=7=タニノハイクレア=牝4=55.0=的場勇人
4=8=パーフェクトジョイ=牝5=55.0=池添謙一
5=9=ウオッカ=牝4=55.0=武豊
5=10=アルコセニョーラ=牝4=55.0=田中勝春
6=11=トウカイオスカー=牝4=55.0=横山典弘
6=12=ヤマニンメルベイユ=牝6=55.0=柴山雄一
7=13=ニシノマナムスメ=牝4=55.0=吉田隼人
7=14=タイキマドレーヌ=牝5=55.0=北村友一
7=15=ベルモントプロテア=牝4=55.0=小野次郎
8=16=マイネカンナ=牝4=55.0=岩田康誠
8=17=ベッラレイア=牝4=55.0=秋山真一
8=18=レインダンス=牝4=55.0=武幸四郎

◎はブルーメンブラット。
前走は2着ながら、勝ち馬のエイジアンウインズにクビ差まで詰め寄り、勝ち馬有利の展開であの差し脚はなかなか見所のあるレースだったと思います。
未だに重賞では好走どまりで未勝利なのが気がかりですが、初重賞がG1であってもおかしくない1頭だと思います。

○はウオッカ。
実績・実力共に国内の牝馬ではダイワスカーレットに次ぐ2番手といっても過言ではないでしょう。
古馬の牡馬を交えても十分に張り合える能力のある馬だけに、このレースを楽勝してもおかしくはないですが、昨年のダービー以来勝ち星がないことやヴィクトリアマイルでは1番人気が未勝利であることを考えて対抗にしました。

▲はエイジアンウインズ。
前走は鞍上の鮫島良太Jが好騎乗で自身の中央重賞初勝利を飾りましたが、この馬の魅力はなんといっても安定した成績。
10戦して5-2-2-1と4着以下が1度のみですし、前走で見せた走りのように、重賞クラスでも十分にやっていける実力があることは証明しています。
今回は「絶対先手を取る」という馬がいないので、ペース次第ではこの馬が勝つことも考えられるでしょう。
唯一の不安は1600m未経験という部分のみです。

△はレインダンス。
昨年末から不振が続いていますが、秋華賞では今回の1番人気であるウオッカにも先着した馬。
ひとたび本調子に戻れば、強豪4歳世代の中でもトップクラスの実力があるのではないでしょうか。
人気薄の時の鞍上にも魅力がありますし、ヒモではおさえておきたい1頭です。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。