宝塚記念(大会対象レース)

宝塚記念(大会対象レース) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週の対象レースは春のグランプリ、宝塚記念!

枠順からどうぞ。

宝塚記念(G1) 芝2200m
枠=番=馬名=性齢=斤量=騎手

1=1=インティライミ=牡6=58.0=佐藤哲三
2=2=メイショウサムソン=牡5=58.0=武豊
3=3=フォルテベリーニ=牡6=58.0=鮫島良太
3=4=アルナスライン=牡4=58.0=和田竜二
4=5=サクラメガワンダー=牡5=58.0=福永祐一
4=6=アドマイヤオーラ=牡4=58.0=安藤勝己
5=7=アドマイヤフジ=牡6=58.0=川田将雅
5=8=ロックドゥカンブ=牡4=57.0=岩田康誠
6=9=エイシンデピュティ=牡6=58.0=内田博幸
6=10=ドリームパスポート=牡5=58.0=蛯名正義
7=11=アサクサキングス=牡4=58.0=四位洋文
7=12=カンパニー=牡7=58.0=横山典弘
8=13=アサカディフィート=セ10=58.0=小牧太
8=14=エアシェイディ=牡7=58.0=後藤浩輝

◎はアサクサキングス。
昨秋から馬券圏内は外していない安定感と、1800mから3000mまでの重賞を制覇している守備範囲の広さからこの馬を本命にします。
イマイチ道悪の成績が良くないのが気がかりですが、おそらく能力上位だと思います。

○はアドマイヤオーラ。
前走の金鯱賞以外は国内で抜群の安定感があるこの馬を対抗にします。
前走は初の海外レースからの帰国初戦ということで、検疫などもあったため、体調は万全でなかったらしいのですが、今回は言い訳の聞かない国内2戦目。
好勝負をしてくれるでしょう。

▲はカンパニー。
本当は安田記念に出走予定でしたが、直前で目を負傷して出走回避。
3日間ほど調教が出来なかったようですが、陣営は出来る限りのことはやったという出来。
若干、2200mという距離に不安はありますが、切れ味で言うとメンバーでも3つの指に入るでしょうから展開次第では突っ込んでくるかもしれません。

△はメイショウサムソン。
今年初めの2走は、かつての闘争心が失われたような期待はずれの走りでしたが、前走の天皇賞ではかつての走りに完全に戻った印象でした。
ですが、まだ信頼するのには早いのでは?と個人的に思っているので△どまり。
しかし、メンバー的には負けられないので、ここで勝ち負けできないのであれば、凱旋門なんて夢物語じゃないでしょうかね。

個人的には先週のベッラレイアも同じようなことを書いて、見事に飛んだので密かに飛ぶことに期待しています・・・(笑)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。