共同通信杯結果

共同通信杯結果 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日、「異常に注目されているGⅢ」として紹介した
共同通信杯。

本日、その結果が出たので、個人的な見解と共に
レースを紹介していきたいと思います。
■共同通信杯(芝1800m)結果

1着 フサイチホウオー 1:47.7 安藤勝己
2着 ダイレクトキャッチ クビ
3着 フライングアップル 1/2馬身
4着 ニュービギニング 1 3/4馬身
5着 インパーフェクト 2 1/2馬身
6着 ノワールシチー クビ
7着 フリオーソ 1/2馬身
8着 マイネルブリアー 1馬身
9着 ツカサラッキー 1/2馬身

レース動画

[レース回顧]
1番人気フサイチホウオーが、
直線早めに先頭に立ったフライングアップルをあっさりかわし、
そのまま押し切った競馬。
外からはダイレクトキャッチも良い伸びを見せたが、
ホウオーとの差を詰めきれずに2着。
2番人気ニュービギニングは終始見せ場無く、4着に終わった。

[感想]
これでまず、ホウオーと同世代の力の差は明らかになりましたね。
ダイレクトキャッチにクビ差まで詰め寄られたとはいえ、
最後は余力たっぷりのゴールでした。
安藤ジョッキーが「まだ1度も全力で走ったことが無い」というほどの
馬ですから、まだまだ底が分からない末恐ろしい逸材ですね。

対するディープ弟、ニュービギニングは、
全くといっていいほど見せ場は無し。
無敗も終わりましたが、これでこの馬の能力もある程度
計れるでしょうね。
個人的には重賞を勝つのがやっとのレベルだと思います。
兄弟GⅠ制覇は少し厳しいものとなったんではないでしょうか。

また、5番人気ながら2着に食い込んできたダイレクトキャッチは、
一瞬の切れ味というよりも、長く良い脚を使う印象を持ちましたので、
東京や新潟などの広い競馬場で走らせるのがベストだと思います。
実際に、前走と前々走は5着・6着と良い結果は挙げていませんでしたが、
それは共に直線の短い中山競馬場でのこと。
デビュー戦の新馬戦では東京競馬場で鮮やかな追い込みを決め
勝利しています。
僕的には、皐月賞は狙わずに、NZTなどをステップに
NHKマイルCとダービーを目指してもらいたいです。

総合的には、インパーフェクトさんの予想が一番近かったですね。
対する僕は…1着→3着→4着。。。
馬券を当てるのは難しいと痛感させられる一戦となりました(笑)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。