フェブラリーS予想

フェブラリーS予想 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007年GⅠ戦線の幕開けを告げるフェブラリーSの予想を
書いていきたいと思います。
まずは枠順をご覧ください。

20070218185446.jpg

(画像クリック後、拡大してご覧ください)
【予想】
僕の◎はメイショウトウコン。
ダート転向後5戦で4勝2着1回。しかもその唯一の2着というのが、
ダービーグランプリを勝ったマンオブパーサーに負けたものなので
仕方ない敗戦といえるでしょう。
それにその頃からはもう半年経ち、能力的な上積みも十分に期待できます。
今まで出走したダート全レースで上がり3Fトップタイムを
記録しているということからも安定して力を出せる馬ということが証明されています。
おそらく連に絡むことは必至だと思います。

○はフィールドルージュ。
ここ2戦は4着、6着と不甲斐ないレースが続いていますが、
今回は得意の東京競馬場ということで○にしました。
過去、東京で走った武蔵野とJCDでは共に3着と、
重賞でも通用する能力は見せています。
追い込み馬にとって有利な東京の長い直線をフルに活かせば、
GⅠ勝利も圏内だと思っています。

▲はシーキングザダイヤ。
能力的にはすでにいくつものGⅠを制覇していて良い馬なので、
ここは当然の印。
しかし、▲なのはGⅠ2着9回という詰めの甘さによるもの。
JCDでもほとんど勝てそうな勢いだったにも関わらず、抜け出した途端に失速して2着。
また、昨年一昨年とこのレースで2着になっている部分でも信頼はあまり出来ません。
あって2着というのがこの馬じゃないでしょうか。

△はブルーコンコルド。
実績は申し分なし、近走成績もJCD以外はケチの付け所が無く、
1番人気に押されるのも分かりますが、気になるのがデータ。
今年で7歳になるコンコルドですが、今までのフェブラリーで
7歳馬が勝利したことが無いんです。
その上、連対も35頭が挑戦してわずか1頭のみ。
この馬自身も中央のスピード馬場があまり向いていない馬なので、
不安要素が多く厚い印は付けない事にしました。

穴馬はダート初挑戦のGⅠ馬オレハマッテルゼ。
芝では完全に不調になってしまいましたが、高松宮記念を制した
スピード馬だけに、ダートに変わってどう化けるかは分かりません。
左回りも得意な方なので3着までならあり得ると思います。

今年最初のGⅠレース。
皆さんはどの馬に今年最初の運試しをしますか??

【管理人の予想】
◎:メイショウトウコン
○:フィールドルージュ
▲:シーキングザダイヤ
△:ブルーコンコルド
穴馬:オレハマッテルゼ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。