ふぅ~(´д`;)ゝ

ふぅ~(´д`;)ゝ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日にお伝えしましたように、今日はドバイチャレンジの日です。
昨日の時点ですでにパラは伸びなくなっていましたが、結果はどうなったのか!?
というのを本筋に書いていきたいと思います。(^_^;)
梅田に着いたときに見事なタイミングで阪神大賞典だったので、
ドバイ出走馬はここでの入厩は当然スルー。
この馬はパラは伸びずに縮まる一方だったので、
隠し出現ギリギリまで放牧させる戦法を取っていました。
そんなわけで別の馬を代わりに入れてプレースタート。

その馬をとりあえず札幌まで叩いて2歳馬を生産します。
産まれてきた仔は「早熟、パラ1割2割」・・・(´д`;)ゝ
普段ならすぐさま「お疲れ様で~す」と引退させていましたが、
最近それでは代を重ねていくことは不可能だと気づき、ここは我慢強く育てることを決意します。

少し前のプレーでケンタッキーを制したので2歳戦は全てスルー。
3歳の弥生賞デビューを目論んで調教していました。
するとこの馬、めちゃくちゃパラの伸びが早く、
共同通信杯のあたりでスピードのパラがマックスに☆
コメントも「かなりの~」まで上がる恐ろしい伸びの早さを見せていました。

そして何事も無く調教していたその時!!ふとレースを見ると中山記念。
慌ててドバイ馬を入厩させますが時すでに遅しでした・・・。
この年にドバイは出現せず、入厩させてしまった影響で
8歳でドバイへ挑むことになります。

そんなこんなでショックを受けていた最中に向かえた弥生賞。
出走馬が多く、抽選での出走になっていたので、少し不安になりながら、
いつものように画面カットの技を利用して馬房画面に切り替わると
自馬は「レース出走中」の文字が☆
「良かった、抽選通った~」とホッとして馬券画面に切り替えると自馬の名前がありません・・・(~o~;)
バグ発生でした。どうやら画面カット技を使うと抽選漏れでも
出走中と表示されてしまうようです。
この影響でファルコンにも出走できず、翌週に抽選漏れのお知らせがありました。
しかもこの馬はかなり弱く、6レース出走させて0-3-3。
当然全て1倍台の1番人気でした。

腹が立ったのでここで一旦カードを抜き、メダル節約のために
育成をしばらく中断させます。
JCダートでカードを抜いたんですが、この時点で3500枚あったメダルは
700枚ちょっとにまで減っていました。

馬券オンリーにしてプレー再開☆
するとカードを抜いた影響か、馬券が次々に当たりクレジットが3500枚に増加!!
京都金杯にはまた育成再開です(笑)

今度こそは忘れないようにと、かなり注意して、
フェブラリーでドバイ出走馬を入厩させます。

順調に叩いて、向かえたドバイ直前。
寿命が近いせいか全くパラは伸びずに減る一方で、こんな状態でした↓

yshqxijb9175210[1].jpg


スピ8割:スタ6割といったところでしょうか。
これでもスプリンターコメントは頂いているので、スピレコ素晴スタなんです。

まぁ当然こんなパラでは、ドバイ3000枚の壁は厚く↓

ixmhtwbc9175410[1].jpg


8.0倍の4番人気でした。
ただ右端◎だったので、ひょっとしたら・・・という淡い期待は抱いていました。

そしていよいよレーススタートです。
向こう上面で自馬は2番手。
「いいところ走ってるな~」と思っていたら、コーナー手前で急加速!!
おぉ!!と心の中で叫び、表情には出していませんでしたが、すでに興奮状態MAXです(笑)
直線は必死の思いで「来るなぁ~誰も来るなぁ~」と
祈り続けて出た結果がコチラ☆↓

hlzjexbw9175510[1].jpg


・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ジャリスコライトに続いてまたですか・・・(´д`;)ゝ
まぁタイムパラドックスの馬単表裏賭けてたから2300枚ゲットしましたけど・・・。

帰ってきた馬のパラは1cmくらいしか削られていなかったので、
相当パラは溜まってたんだと思います。
もし、寿命じゃなかったらと悔やまれる1戦になりました(´へ`)

結局最後の大当たりもあり、5000枚預けで帰ってきましたが、
別の馬でドバイ再挑戦を誓った1日となりました。


読み終わったら投票お願いします
ブログランキング競馬サーチ.com
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。